障害年金の基礎知識

障害年金の等級と年金額

障害基礎年金 1級:974,125円 2級:779,300円
子の加算:224,300円/人(3人目以降は、74,800円)(※1)
障害厚生年金 {(平均標準報酬月額×7.5/1000×平成15年3月までの被保険者期間の月数)(※2)
+(平均標準報酬額×5.769/1000×平成15年4月以後の被保険者期間の月数)}×1.031×0.961
3級:上記計算式(※3)
2級:上記計算式+配偶者加給年金額(※4)
1級:上記計算式×1.25+配偶者加給年金額(※4)

※1 18歳到達の年度末までにある子(障害等級2級以上に該当する場合は20歳未満まで)
※2 被保険者期間の月数は、障害認定日の属する月までで計算する(300月保障あり)
※3 579,700円の最低保障あり(最低保障は、原則として3級のときに適用される)
※4 65歳未満の配偶者(金額は:224,300円)

平均標準報酬月額

平均標準報酬月額とは、平成15年3月までの被保険者期間の各月の標準報酬月額の総額を、平成15年3月までの被保険者期間の月数で除して得た額です。

平均標準報酬額

平均標準報酬額とは、平成15年4月以後の被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額と標準賞与額の総額を、平成15年4月以後の被保険者期間の月数で除して得た額(賞与を含めた平均月収)です。

各障害等級の病状例

1級 他人の介助なしには日常生活ができない程度の病状植物状態、両下肢機能全廃、全盲、座位保持不能、高度の認知症 など
2級 日常生活に著しい制限が必要な程度の病状人工透析、片腕切断、脳梗塞による半身麻痺、言語機能喪失、重度のうつ病 など
3級 労働に著しい制限が必要な程度の病状心臓ペースメーカー、人工弁、人工股関節、人工肛門、除痛困難な痛み など

※上記は、ほんの一例であり、障害等級は障害認定基準に基づき認定されます。

社会保険労務士に依頼するメリット

メリットその1 障害年金の制度を熟知しているため、「通りやすい」書類の整備が迅速かつ正確に行われます。
メリットその2 年金事務所や区役所年金課での折衝・書類提出等はすべて我々社会保険労務士が行うため、ご本人様やご家族様の時間的・精神的負担を軽減できます。
※診断書を医師に依頼する際の同行は行っておりませんが、医師への依頼状を作成してお渡し致します。
メリットその3 審査結果に不服がある場合の不服申立ても、社会保険労務士が代理で手続きを行うことができ、当初の請求から不服申立てまで一連の手続きを任せることができます。

私はこのように業務を勧めます

  1. ご相談者様のご希望の日時・場所で面談を行います(土日祝日対応可能)
  2. 面談内容をもとに、年金事務所にて年金記録を確認いたします。
    ここまでは無料対応(※)です。※交通費実費はご負担いただきます。
  3. 保険料納付要件が満たせている場合は、契約書を作成します。(着手金発生)
  4. ご相談者様にて、初診日証明・診断書の取得をお願いします。(※)
    (必要に応じ添え状などの作成をいたします。)※特に希望される場合は別途報酬で代理や付き添いもいたします。
  5. 代理人にて、病歴(就労)状況申立書の原案を作成し、お打ち合わせのうえ、完成させます。
  6. 請求書・添付書類をそろえて代理人が年金事務所等へ提出手続きをします。
  7. 支給決定がありましたら、報酬をお支払いください(不支給決定の場合は報酬はゼロ)